無気力社畜のブログ

社畜が怠惰に過ごせるリタイア生活を目指すブログ

こどおじ化の検討

実家で両親と同居する中高年独身男性の事を最近では

「こども部屋おじさん(こどおじ)」

と呼ぶそうです。

 

◇実家で”こどおじ”する場合の問題点

うちの実家に私の部屋は一応あるものの、4畳半程と非常に狭いです。

今住んでいる部屋の半分も無いので、家具類はほぼ捨てないと戻れません。

おうちスキーの私は、PC周りとベッド周りは力を入れているのですが、

非常に思い入れもあり、正直捨てたくはないです。

(レンタル倉庫等で保持しておくのも無駄すぎるので嫌です)

 

あとは、十数年も一人で自由気ままに生活してきたので、

両親といえども、自分以外の人と毎日共同で生活するのは、窮屈そうです。

数日帰省する分には良いのですけどね・・・。

 

◇こどおじのメリット

議論する余地も無く、生活費の節約でしょうね。

住宅手当(4万)が無くなり、実家に5万ほど入れるとしても、節約できます。

多分、年間で100万ぐらいは節約になると思います。

また、両親が高齢であれば、諸々のフォローも必要になってくるので、

その辺も同居していれば素早く出来ますね。

 

◇こどおじする?しない?

両親の介護問題が生じてきたら検討すると思いますが、

両親が元気なら、節約目的での同居は「しない」を選択します。

 

ただ、リモートワークの現状なら、賃貸でも都心に住むよりは安いですし、

実家の近所で一人暮らしをして、週末に顔を出す折衷案を取るかもしれません。

同居ではなくても、夜や週末等にいつでも実家に顔を出して様子を見れますし、

病院の送り迎え等のフォローは出来ますしね。