無気力社畜のブログ

社畜が怠惰に過ごせるリタイア生活を目指すブログ

リタイア後の住居について

リタイア後に何処で暮らすのか、最終結論は出せていません。

 

有力なのは、郊外のそこそこの街の賃貸暮らしです。

田舎暮らしは考えていません、独身中高年で無職の人間でも生活し易いのは、

どう考えても都会暮らしだと考えています。

田舎暮らしをする場合、近所の監視を避けるなら本気の山奥暮らしでしょうか。

しかし、本気の山奥暮らしは買い物も面倒ですし、虫嫌いなので厳しいです。

 

次点は実家に戻る事です。

生活費の面では最も良いのですが、実家の自室は4畳半しかありません。

PCやデスク等、家具・家電はほぼ捨てないといけないぐらい狭いです。

また、そもそも両親はアーリーリタイアを許容しない感じなので、

リタイアして同居するのは難しい、というのが一番大きい問題です。

 

現役の内に実家を建て替えて、両親と同居する案も考えたものの

生活リズムが合わな過ぎて、つまらない事で衝突してしまいそうですし、

兄弟もいますので、相続問題も出てきて厄介な話になりそうです。

 

現時点での想定は、リタイア当初は郊外へ引っ越してリタイア生活を満喫しつつ、

親の介護等のタイミングで実家に戻り、そこから実家暮らし。

という感じかな、と考えています。

 

車もそうですが、家もリタイアを遅らせれば良いものを選べるんですよねぇ・・・。

リタイア可能な資産(1億とか)を投資した状態で2-3年働けば、1000~1500万増える。

そんな事を考えると、ずるずる遅れてしまうので、どこかで決断が必要ですね。